重点努力事項と具体策

 ☆今年度教育推進基本姿勢
   「児童一人一人の成長のために協働の姿勢を持って責任を果たす教
    育活動の推進」
   「学校・家庭・地域の連携による教育活動の推進」
 
Ⅰ 「子供の身近」に立った教育活動の推進
(1)「子供一人一人の心と体に寄り添った教育」の推進
 ◯基本的生活習慣の充実を目指し,子供一人一人の発達段階に応じた学
  年学級経営の充実に努める。
 ・学校生活の中で,安心感のある自然な挨拶と対話の促進に努める。
 ・道徳教育と志教育等を通して,自己肯定感や自己有用感の育成に努め
  る。
 ・児童一人一人の存在感や居場所のある温かな学級作りに努める。
 ・多様な体験活動やユニーク先生の積極的活用等を通し,夢と志の育成
  に努める。
 
(2)特別支援教育・生徒指導・教育相談の充実
 ◯児童一人一人を理解し,個性の伸長を図り,教職員の共通理解の下
  で,自己肯定感や好ましい人間関係の育成に努める。
 ・全教職員の共通理解・共通行動により,基本的生活習慣の定着と規
  範意識の育成に努める。
 ・積極的な生徒指導及び教育相談を行うと共に,課題となる行動に対す
  る早期発見・早期対応に努める。
 ・ケース会議等の充実に努め,SCや関連関係機関との連携強化を図
     り,柔軟かつ連携のとれた対応及び継続的な心のケアに努める。
   ・気になる児童の困り感を受け止め,連続した途切れのない教育的配慮
  と環境整備に努める。
 ・保護者との連携を密にし,児童一人一人の実態に応じた指導の充実に
  努める。
 ・共に学び,共に生きる学習態度の育成を図る交流及び共同学習の推進
  に努める。
  
(3)「玉浦小のよさ」を伸ばしていく教育活動の推進
 ◯玉浦小学校の児童が持つよさ(素直さ,協調性,努力を惜しまない姿
  勢等)について,全教職員及び児童本人が理解し,さらなる伸長に努
  める。
 ◯玉浦小学校が持つ『伝統』を全教職員が意識しながら,児童が自分た
  ちの住む地域のよさに気付き,積極的に関わっていこうとする態度の
  育成を図る教育活動の充実に努める。
 
Ⅱ 「学力向上・学び」「体力向上」に関わる教育活動の推進
(1)基礎・基本に関わる学習習慣の定着を図る授業の推進
 ◯校内研究の成果である『本校の学びのスタイル』を活用した,学ぶ楽
  しさや学ぶ喜びを味わわせる授業,ねらいを明確にした分かる授業の
  創造に努める。
 ・基礎的な知識や技能(読む,聞く,話す,書く)の定着と習熟を目指
  すと共に,言語活動の充実による思考力・表現力の育成に努める。
 ・少人数指導を生かし,全教職員で個に応じた指導の充実に努める。
 ・自律的な学習習慣の育成を目指し,家庭と連携しながら,学ぶ意欲・
  態度の形成に努める。
 
(2)教職員の授業力・指導力の向上を図る研修の充実
 ◯不断の授業改善及び個々の授業力・指導力の向上に努める
 ・校内研究の充実を図り,協働による授業研究等を通して,日常の実践
  と結びついた研修に努める(模擬授業や事前授業を活用した授業研究
  等)。
   ・現職教育の充実を図り,教職員として必要な資質の向上と共に,教育
  改革諸項目の具体的対応に努める。
  (特別支援教育,道徳教育,英語教育,ICT活用 等)
 
(3)心身の健康と体力の向上を図る教育活動の推進
   ◯教科体育や全校に共通した体育活動を基に,年間を通した総合的な体
  力向上に努める。
 ・保健指導や食に関する指導等,発達段階を考慮しながら,生活習慣改
  善と関連させた組織的・継続的な取組を推進する。
 ・家庭や地域との連携を強め,規則正しい生活と心身の健康の保持増進
  に努める。
 
Ⅲ 「安全」「防災」に関わる教育活動の推進
(1)防災・安全教育に関わる活動の改善・充実
 ◯防災教育指導計画の充実を図り,副読本の活用及び地域・関係機関と
  の連携を基に,防災教育の着実な実践に努める。
 ・各種防災訓練を含めた,これまでの防災教育指導計画の確実な実施と
  改善向上を図る。
 ・危険予知能力及び回避能力,心の安定等,児童の危機対応能力の向上
  に努める。
 
(2)保健安全に関する教育環境及び施設設備の充実
 ◯言語環境を整え,児童同士,教職員と児童との温かな人間関係作りに
  努める。
   ・施設設備の維持管理と教材備品等の効果的な活用に努める。
   ・校舎内外の安全点検や防災設備の確認と点検を迅速・確実に行い,不
  断の安全確保に努める。
 
(3)家庭・地域との連携・信頼の強化
 ◯地域各団体との密接な連携に努め,生活,学習,安全等に関わる地域
  の教育力を活用する体制を整備し,その効果的な運営にあたる。
   ・玉浦中学校との連携をさらに強固に促進していく。
   ・保護者の学校教育活動への参画意識を,多様な機械を通して高めてい
  く。
   ・学校評価の充実を図り,地域・保護者の考えを学校運営に生かすよう
  努める。